メンヘラ女性との出会い

女_メンヘラ01

逆援助交際をしたいと思う女性はいると思いますか?

友達からも本当に良く聞かれますよw

実際にやっていて断言しますが、逆援助であっても男性と知り合いたい、関係を持ちたいと言う女性はいます。実際に私も逆援希望の女性と何人か出会っていますが、どういったタイプかによっても比率が変わってくのに注意が必要です。

そして、どんな層でも逆援助まで望む人となるとかなり数が絞られてきます。当日とか、前日になってドタキャンとか、待ち合わせ場所に来ないなんてことも良くあります。問題はそれ防ぐために、いかに相手の警戒心を緩めるかとか、会いたいと思わせるかです。

逆援を成功させたい初心者の男性はメンヘラや失恋を思いっきり書いている人など、メンタル面やお金に困ってそうな女性を狙うと良いです。なぜ、お金がない人を中心に探すかと言えば、恵まれている人はホストクラブでもなんでも行けばいいからです。逆にお金がない女性の方が男性に飢えていることが多いんですよ。だからこそ、経済的に弱っている、精神的に弱っている人間を狙います。援助額が小さいとかは別に気にしないです。本当に相手が首ったけになったなら少しずつ金額を上げていけばいいだけです。

この辺にさじ加減は逆援を受ける為のメール交渉を参考にすると良いです。

出会い系サイトの掲示板を見ていると、やたらと自意識過剰とか、傷ついたとか書いている人が目立つ時があります。いつも複数の人にメールを送っています。単純に最初は住んでいる大体の場所と、割と時間は自由になりますとか、フットワークの軽さを売りにしたメッセージを使っています。
自分が出会い系サイトの掲示板で募集するときもいつでも自由になりますみたいな、とにかく軽い感じで行っています。自分に都合のよいタイミングで出会いたい女性が多いですから。

逆援条件はデート代+5000円

この前反応があったのは20代の派遣社員をやっていると言う女の子。

最初のメールは凄い硬い感じで、大体の年齢とか、住んでる場所とかそれ位の情報しか送ってくれませんでした。明らかに警戒している感じがしたので、相手のプロフィールの情報を片っ端からネット検索して、好きなものとか趣味の情報を混ぜて、俺も好きなんだけどって話をしたら、一気に態度が軟化しましたね。ヴィジュアル系のバンドで、そのバンドを押しているメンヘラが多いって噂のとこです。私はどの人が好きでとか、で、その度に検索して話を合わせました。趣味の話で盛り上がったので、最近彼女いなくてさと言う話題から、こんなに話してて楽しい人と付き合いたいなぁと言う話をして、相手をぐらつかせる作戦に出ました。

後、相手の信用を得るために、自撮り画像をかなり加工した、詐欺みたいな写メを送っています。すぐに相手から自撮り画像が送られてきましたが、顔は可もなく不可もなくでしたが、腕に包帯巻いてたり、案の定な感じでした。で、真面目を装って口説いてから、デートしたいけどお金がなくてと経済的に困っている風をアピールして、相手から積極的にお金を出させる方法に動きました。向うも男性に飢えていたのか、何とかしたいと思ったようで、詳しくこっちの状況も効いてくるわけです。

家族のために稼いで医療費が大変とか、少し嘘を混ぜながら結果として逆援条件はデート代プラス5千円で交渉しました。金額は少なかったですけど、最初としては上出来ですね。タイミングに関しては完全に女性に合わせて、デートのタイミングは先に早い方がいいか遅くなっても大丈夫かだけ聞いておきました。遅くなってもOKと言われたらそれは、最後までOKと言う事です。

今回の成功のポイントは、積極的に相手の趣味とかを調べて話を合わせた事ですね。後、先に写メ送って見た目がわかると相手も信用してくれる確率が高いです。詐欺写メであっても、会ってから文句を言う人は少ないです。結果さえ伴えば何でもありですね。ただ、ずっと交際をしていてもメリットを感じなかったので、途中から着信拒否とかして、音信不通からの自然消滅をさせた感じです。

逆援助で失敗しない為には相手の警戒心に注意が必要

警戒心が強い人は絶対に逆援助に乗ってきません。以下に警戒心を解いていくかと、隙があるかを探していくのが常套手段です。特にメンタルが弱っている人は隙が弱いので、メンヘラなんかはひっかけやすいです。ただし、後からトラブルにもなりやすいので、早めに逃げる準備も必要です。あと、こちらが写メを送った際の反応にも注目です。すぐに写メを返してくれる人は警戒心が緩い方です。あんまりガードが固すぎる場合は、口説きが足りないか、先に諦めた方がいいかですね。私は、こだわり過ぎる人がめんどくさいので避けるようにしてます。

button_001

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Warning: Parameter 1 to W3_Plugin_TotalCache::ob_callback() expected to be a reference, value given in /home/puchicu/naaptechnology.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 3729