見栄を張りたい女性

女性は男性に比べて、とても見栄を張りたがる傾向があります。女性が借金をしてしまうきっかけは、周辺との食事や着飾りに合わせるために、自分も見栄を張って生活レベルを上げてしまうからが多いと言われています。

女性から逆援助を引き出すためには、見栄を張りたい女性が狙い目です。見栄を張りたい女性は、まわりに自慢できるような彼氏が欲しいと思っています。友人関係に写メを見せたり一緒にいるところを見せたりして、見栄を張りたいと思っています。

こんな考え方の女性は、化粧やアパレル関係にお金を使っている分、ルックスが悪いということはありません。こちらとしても出会い系サイトを使って逆援助をして、十分に楽しむことができます。偽彼氏を用意したいと思っているような女性は、こちらとしても夜の関係を楽しめると言えます。このような女性の出会い系サイトの掲示板での探し方ですが、まずは写メなどのルックスと趣味をみましょう。

ルックスがそこそこ良く、ブランド志向なら狙い目です。相手の理想は高いですから、自身のヘアスタイルや服装も最大限努力しましょう。

実際に出会った見栄を張りたいショップ店員

実際に会うことができた逆援助は、偽彼氏を用意したいと思っていたのは日本橋で働く某有名デパートのショップ店員。厳密に言えば偽彼氏とははっきり思っていませんでしたが、友達に自慢できるような彼氏が欲しいと思っていました。

まずはこっちも最大限写りの良い写メを用意して、掲示板を見て相手にメールを送りました。最初のメールで反応が良かったので、こちらのルックスに食いついたということになりますので、チャンスが広がったと思いました。そこから趣味や相手の傾向などを探り、彼氏がいない情報を引き出しました。

そして連絡先を交換してから、実際に会うことにしました。鉄は熱いうちに打てですが、実際に会ってからはすぐにセックスをする必要はありません。相手から誘われれば断る理由はありませんが、目的は彼氏もどきになって逆援助条件を引っ張るためです。

そこから逆援条件を提示しました。相手もすぐに乗ってきて、月々5万円の条件で彼氏になることに成功しました。たまに彼氏を名乗るだけでこの条件なので、本当に良い結果になりました。

ショップ店員

偽彼氏の逆援助で失敗しないためには

偽彼氏の逆援助で失敗しないためには、とにもかくにもまずは自分自身のルックスです。このルックスが悪いと、かなりの確率で失敗してしまいます。顔自体が普通であっても、雰囲気でイケメンにすることができます。

そのときの流行のヘアスタイルにして、職場に問題がなければ髪の毛も染めたいところです。そして服装も相手の趣味に合わせることができるよう多彩にして、獲物がかかるのを待ちます。また、すぐに逆援条件を提示するのではなくて、逆援交際は多少時間が経ってからにしましょう。

button_001

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Warning: Parameter 1 to W3_Plugin_TotalCache::ob_callback() expected to be a reference, value given in /home/puchicu/naaptechnology.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 3729