PCMAXで逆援助はSMが多い!アブノーマル掲示板は逆サポ可能か

pcmax01_イラスト

代表的な出会い系サイトの一つがPCMAXですが、アブノーマルなユーザーが多い特徴を持っています。一度アダルト掲示板のコーナーを覗くとその様子がうかがえるはず。確かにサイトごとに集まるユーザーが違うというのは面白いですが、そこで逆援・逆サポを狙うなら、その女性に沿ったアプローチをする必要があります。

つまり、PCMAXで逆援を狙うなら変態になるしかないという事。

PCMAXでは、割り切りじゃない募集の、セフレ募集系はどうにもSMプレイのパートナー募集が多いんです。

他のカテゴリーも探せば色々と逆援のきっかけが出てくるかもしれないですが、一番多いのはSM系の募集。SMじゃなくてもPCMAXにはマニアックなユーザーが多いです。マニアックな女性が集まってそれに応じて男が集まったのか?その逆なのか?始まりは不明だが変態ユーザーとして逆援をするのはPCMAXでは近道と言えるでしょう

PCMAXではマニアック系のユーザーが多い

例えば、PCMAXで実際にアダルト掲示板の募集を除いてみよう。

pcmax_アブノーマル03

※2017年6月29日にPCMAXの掲示板選択画面。デザインが変更されたようだ。

まるでIphoneの電話の番号入力画面のようだが、これでピンク色の

  • スグじゃないけど
  • アブノーマル
  • マイノリティ

などをチェックしていくのが逆援・逆サポの探し方の基本。「メールH」は使えない。もし人妻を狙うなら「既婚者募集」を使うと良い。ただこちらも既婚者を求める募集も多い。熟女を狙うなら40才以上の募集が多い「ミドルエイジ」です。

しかし、「スグじゃないけど」は女性による割り切り募集が多い事がネックだ。単なるセフレ・変態パートナー募集はほぼない。よって逆援・逆サポの候補女性もいない。

 

よって、「アブノーマル」「マイノリティ」になる。

 

PCMAXの「アブノーマル」や「マイノリティ」のカテゴリーは結構きつめのマニアが集まっているため、少しハードルがある。元ホスト時代から無理なプレイはガンガン挑戦していたため、ある程度は付き合えるが汚物系にはまだ俺もいってないんです。そんな深い欲求を満たす事で逆援・逆サポの道は開かれるだろう。

求められる人材は「どM男」

一番多かったのは「私はSだから、M男性を募集します」というパターン。PCMAX_アダルト02

エロい事を言ってる人は業者ではないか?と思う人も多いが、実際の女性もいる。そしてSな女性ほどM男性の希望を聞いてくれることもあります。むしろ希望を叶えてやるから服従しろ!というスタンスの女性すらいます。

※言っておくが逆援をしてくれる女性はどこか、普通の人とは違う部分を持っている事がよくある。

出会い系サイトの匿名性があるから自分をさらけ出せるタイプの人が多くて、いざ会ってみると全然違うというキャラの人も多いです。

大事なのはMキャラとして自分を売り込み、尽くし、自分の希望をそれとなく伝える事だ。

「俺はどMじゃなないよ!」という人もいるが、PCMAXで逆援・逆サポを狙うなら一番需要があるのは「ドM」というポジションになる。重要があり供給不足だと思われる。多くのユーザーは「今スグ」や「スグじゃないけど」系の割り切りが希望だから。

PCNAXにおいてアブノーマル掲示板を制する者は逆援を制するという事繋がる。

逆援

-アブノーマル掲示板を制する者は逆援を制する-

Mキャラで逆援助させるコツ

ではどうやってPCMAXの逆援・逆サポを成功させるべくMキャラを演じていけばよいのか?正直なところSMプレイはやってみないと自分が合っているかどうか?という部分は分からない。これを見ている自分も「あれ?俺ってMなの?Sなの?」と分からなくなってる人もいるかもしれない。

実際やってみないと分からない。

MだとPCMAXで逆援を狙っていきやすいのは事実。Sだから逆援をあきらめるのではなく、そういう時は別のワクワクメールなどで逆援を狙っていけば良いという事になります。

繰り返しになるが、PCMAXのアブノーマル掲示板でならMキャラで逆援・逆サポを狙う方法が確立が高いと思われます。

Mになろう!と思うより、自分に合って無かったら別のサイトで狙っていくという方法が一番良いと思っています。理想的な使い方は、出会い系サイトを併用して使うものを見極めるという方法でしょう。

button_001

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Warning: Parameter 1 to W3_Plugin_TotalCache::ob_callback() expected to be a reference, value given in /home/puchicu/naaptechnology.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 3729