【逆援体験】貧乏人の元ホストがセレブな人妻と出会い10万貰った話

セレブ人妻

逆援してくれるような人はどんな人でしょうか?

例えば、男性との出会いや触れ合い・セックスを望んでいる経済的に余裕のある女性になると思います。正直そんな人と会えるのは激レア案件です。

でも、たまにいるんです。

普通の大手の出会い系サイトで暇つぶしのように使っている女性が。しかもセレブな人妻も使ったりしている。リッチゆえに全く関係ない人にぶっちゃけたい心の叫びを、がっつり日記に書いてる人もいます。

そうやってサイトをはけ口として使っているようなセレブな人妻はまさに逆援の理想的な人。

そして俺は自分なりにそのセレブ人妻を攻略し10万を貰う貴重な逆援体験をした。自分で自分を褒めたかった。お前その労力をもっと生産的な事に使ったらどうだい?とか思うかも知れないが、俺は逆援にかなり全力で取り掛かっているから野暮なことは言わないで心に閉まっておいて欲しいです。

サイトで暇そうに日記を書いているセレブ人妻

俺は息を吸うように出会い系サイトの掲示板をチェックしている。トイレに入って掲示板。電車が来るまで掲示板。寝る前のベッドの中で掲示板。そうやってサイトを使っていると色んな人が見つかって面白いんです。

中には掲示板でアダルト募集をしている人がこっそり日記を書いているの発見していりします。

それが今回見つけたセレブ系の人妻さん。

なぜセレブと分かるのか?という事はその人の日記やつぶやきの写真を見ていれば分かります。高いネイルサロンに行ったり、グッチのバッグがアップしている写真に写り込んでいたり、流行りのお店でいち早く服を買いに行っていったり。

やってる事が普通のOLではないだろうと思うんですよね。

しかも旦那がいるというのはプロフィールに書いている。

日記を見ていくと、未婚で男遊びをしている友人が羨ましいとか、こんなセックスは嫌だよねとか。攻めた内容のものが書かれている事も多い。しかもアダルト掲示板の書き込みはプロフには表示されていないのに、実際に掲示板で探したらその人が割り切り募集をしていたりするんです。

それってつまりお金に困ってないけどセックスしたくて、そのために「割り切り」を使っている。そしてそれはサイトのプロフに訪れた人には非公開にしたい。っていう事ですよね。

つまり有望な逆援候補になるわけです。

俺の得意な貧乏人戦法で彼女にメール

俺は彼女にメールをしてみた。

セレブ人妻は逆援の募集こそしていませんでしたが、日記にも「ホストでもいいから遊びたいわ(笑)」なんて事を言っていたから、勝機はあると思いまいた。

それに俺の場合、貧乏人という演出をして「応援したい!」と思わせるような姿勢を見せる事で、過去に逆援に成功した事があります。

今回は上手くいくかは全くの未知数。

それでもメールをしてみました。

「こんにちわ^^いきなりですが、日記を拝見してました!面白くて読んでしまいます(笑)めちゃめちゃおこがましい話なのですが、サイトの〇〇さんを見て相談したい事があるんです。良かったらメールで話してくれませんか?」

だいたいこんな感じでメールを送りました。

食いつきが良いセレブ人妻

彼女はメールに対して食いつきが良かったです。「どんな話?私で良ければ聞きますよ」という感じ。そこから徐々に逆援の話をしていき、全力で奉仕するからどうだろうか?とストレートに言ってみました。

もちろんこの間、セレブ人妻に対して絶対に下から言うようにしていました。セレブ系の人は自分がお金持ちであることを優雅だと思っているからです。

するとあっちは話を分かってくれたのか、「言ってる事が本当なら考えるわ」と言ってくれました。これは俺を明らかにテストしよとしている。そう思いました。

セレブ人妻と飲みながらぶっちゃけトーク

セレブ人妻と出会う事になりました。旦那は家に帰らない日らしい。

まずは自己紹介と軽く話から。そしてお互いの要望をぶっちゃけで言ってみましょうというアチラ側の提案。

彼女の見た目は黒髪ロングで少し栗山千秋に似ているキツめな目つき。でも口調はゆっくりとしていて可愛かった。雰囲気は落ち着いた感じで、ロングスカートを穿いていた。スタイルが良さそうだから少し勿体ないと思った。

個室居酒屋で人妻セレブとぶっちゃけトークが始まった。

そこで分かった事はセレブ人妻は思ったより私生活が孤独という事。彼女の出会い系サイトは本当に息抜き。ツイッターやFacebookもやってるけど全部ソーシャルな繋がりだけで、実際は旦那に隔離されれていて窮屈なの。と喋る人妻。

本当ならもっと友達と遊びたいし、浮気や不倫だってしたい。ホストも言ってみたいし、露出の多い自分の好きな服も買いたい。

とにかく普段から溜まっていたであろううっぷんを晴らすように人妻はしゃべり続けた。

聞きに徹して、ニーズをつかむ

ここでの俺の役目は、「聞きに徹してニーズをつかむ」という事です。セレブ人妻なりに自分1人で抱え込んで爆発しそうだったんだと思います。(ちょっと「ナオミとカナコ」の銀行マンの妻っぽいなと思った)

でも旦那は悪い所だけではなく、お金はもちろん色んな面で感謝もしているらしい。結婚するなら彼で間違って無かったと思ってるけど、束縛が激しすぎる。と悩んでいるようだった。

俺は伝える。

「僕は貧乏で何もあなたに物をあげれないかも知れないですけど、僕といる間だけは楽しんで欲しいと思います。全面的に尽くさせて欲しいです」

こういう事を言ったような気がします。

そして、その時彼女は財布をごそごそし始めて。10万円をドンと机に置きました。

え???

理解に困る俺。彼女は酔っていた事もあるかも知れませんが、「気持ちなの。受け取って?」と言われた。まさかの急展開にびっくりしました。

この時言葉にはしませんでしたが「逆援」という関係性が生まれたと思います。

僕は「では有難くいただきます。今日はなんでも言う事聞きますし、ついていきますよ!」と言い人妻の酒にどんどん付き合いました。

3軒目まで終わった後に、ラブホへいき、人妻セレブの気が済むまでセックスをした。

稀に見る成功体験だがこの前には猛烈に失敗しフラれ続けているから、激レア案件だと言う事は間違いない。しかしセレブ人妻ゆえの「孤独感」を埋める事の出来る人妻はサイトでは良い存在なのかも知れない。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Warning: Parameter 1 to W3_Plugin_TotalCache::ob_callback() expected to be a reference, value given in /home/puchicu/naaptechnology.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 3729